方面委員制度

大阪府に創設された方面委員制度:大正71918)年

エピソード2

大正71918)年秋の夕暮れ、大阪府下のある理髪店で50歳ぐらいの紳士が散髪していた。

鏡に写る街の風景を見るともなしに見ていた紳士の目は、ある一点に釘付けになった。

それは、40歳くらいの母親と女の子が夕刊を売る姿であった。散髪を終えた紳士は、その夕刊売りに近づき1部買ったあと、一言二言話しかけ、その足で近くの交番に立ち寄った。紳士は

この夕刊売りの家庭の状況を調べさせたのであった。紳士は、当時の大阪府知事、林市蔵であった。後日、巡査から次のような報告があった。街角で見かけた母親は、夫は病に倒れ、3人の子どもを抱え、夕刊売りでやっと生計を立てている。子どもたちは、学用品を買えず、

学校にも通っていない。林知事は、自らの幼いころの貧しい生活を思い起こし、しばらくは目を閉じたままであった。このような母子は他にもいるはずだと思い、部下に調査を命じ、管内をいくつかの方面、今でいう地域に分け、それぞれの方面に委員を置き、生活状況の調査と救済などの実務にあたった。方面委員制度の始まりである。

 

 

資料:全国社会福祉協議会『民生委員制度40年史』

 

この制度は、大阪府知事林市蔵が、府の最高嘱託であり社会事業の権威とされた小河滋次郎博士の協力を得て、考案・創設されたものである。本制度は、名称を「方面委員」と名づけ知事の委嘱による名誉職とするものであった。ここでは、市町村小学校通学区域を担当区域とし,職務は区域内の一般生活状態の調査と生活改善方法の攻、要救護者各個の状況調査と救済方法の適否の攻究、救済機関の適否調査と要新設機関の攻究、日用品受給状態の調査と生活安定方法の攻究などであった。

特に、本制度の特徴は、
( 1)「社会測量」を重視して、これを二つに分け、いわゆる社会調査(社会的健
  康診断)ケース・スタディ社会的対処診断)を通して濫給・漏給を防ぎ、効果的・
  合理的・徹底的な救済を行おうとしたこと。

 (2)委員の選任については、「無産階級に接触する機会の多い職業」の者で「当
  該地方土着または準土着の常識的人格」を具備する人物を選び、民間篤志家によ
  る民間社会事業の発達を期待したものであったことに注目したい。

 

以上の二つの制度の創設が発端となって、この種の制度はその後各府県独自の名称に基づいて次々と全国各地に波及し、昭和初期にはほとんどの府県に類似の委員制度が創設され、地方の任意的制度として全国的なものになっていったのである。